新居への移動について

新居への移動ですが、引越し業者は法律上、お客様と一緒にトラックに乗って
旧住所から新居に移動することができません。
なので、事前に引越し業者と新居への搬入時間を決めておきましょう。
荷物だけ先に届いても家主がいなければ作業ができません。ご自身が新居の搬入時間に間に合うように、前もって旧住所から新居への移動手段と所要時間を確認しておきましょう。

新居を撮りましょう

部屋にもともとついていた、傷や汚れを写真に撮っていない場合は、荷物を部屋に搬入、配置した後では確認ができないので、引越し業者が新居に到着する前に撮影しておきましょう。これは、その傷や汚れが最初からあったことを証明するためで、将来ここを離れる際、敷金の返還や修繕費用の分担で貸主側と主張が食い違った場合に証拠となります。

荷物の搬入の流れのチェック

新居に荷物が到着したら搬入が始まります。どの荷物をどの部屋に運ぶのか、ダンボールに太いマジックなどで番号を書いておき、何番の荷物はこの部屋に置くというようにあらかじめ決めておきましたら、スムーズに搬入できます。

荷物の搬入が済んだら業者立ち会いのもと、足りない荷物がないか、何か壊れているものはないかチェックしましょう。業者が帰ったあとに紛失や損傷が発覚した場合、手続きに時間がかかる場合があります。

引越し作業が完了しまたら支払いを行います。大手の引越し業者ではクレジットカード払いに対応しているところもありますが、多くは現金のみ対応が多いのであらかじめ用意しておきましょう。

電気、ガス、水道を開通させる

電気の開通

荷物の搬入と同時に、電気を使えるようにしましょう。アンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器の順につまみを「入」にして、電気がつくことを確認します。電気がつかなかったり、ブレーカーの操作が分からない場合は電力会社に電話で連絡しましょう。引越し前に申し込みが済んでいなければ、備え付けの電気使用開始手続書に必要事項を記入してポストに投函をします。

ガスの開通

ガス会社の係員が開通作業を行います。事前に訪問日と訪問時間を決めて予約を入れておきましょう。当日にあわててガス会社に連絡しても来てくれない場合があります。新居に荷物の搬入が終わる時間に合わせて、予約を入れておくのがおすすめです。

水道の開通

水道は使用開始の申し込み前でも利用できます。申し込みがまだの場合は管轄の水道局に連絡しましょう。こちらも、前もって連絡するほうがよいでしょう。