今は引越しのシーズンですが、引越し一人暮らしで必ず必要なものは何でしょうか?引越し一人暮らしの経験がない人は、すぐに答えが出てこないかもしれません。まず、必ず必要になるものは布団かベッドです。またはその代わりになるものです。

最近のアパートなどの住居は、引越し一人暮らしを始めれば、すぐに電気や水は使えるようになります。しかし、寝具となると自分で用意しなくてはいけません。自分が寝るときの体勢を思い浮かべると分かりやすいのですが、立ったまま寝る人は、世の中にはほとんどいないでしょう。床に座ったまま寝るという話も聞きません。

多くの人は基本的に仰向けの状態で寝るはずです。そして、引越し一人暮らしを始めた当初は、床はフローリングか畳だけでしょう。フローリングの床や畳の上で、そのまま寝ることはかなりきついはずです。少し寝るだけなら耐えられるかもしれませんが、一晩となると体のあちこちが痛くなるでしょう。

そのため、引越し一人暮らしを始めるときは、寝具は必ず準備しておきましょう。特に冬の時期に寝具なしで寝ると、体調を崩しやすいですから注意が必要です。もし、寝具の準備ができていない場合は、クッションや座布団があると役立ちます。

クッションや座布団がいくつかあれば、寝具の代わりとなるからです。座布団は丸めれば、枕になりますからかなり便利です。それと、掛け布団かそれの代わりなるものがあれば、かなり助かります。

掛け布団は夏であれば、人によっては必要ないかもしれませんが、冬にはあった方がいいでしょう。掛け布団なしで、エアコンの暖房をかけたまま寝る人がいるかもしれませんが、エアコンの暖房は空気が乾燥します。

そのため、エアコンに頼りすぎると喉の調子が悪くなる可能性が高いです。これは夏でも同じことが言えます。