急に引越しをしなくてはいけない時、引越す予定はあったものの忙しくて事前にゆっくり準備ができず、慌てて引越すことになったという人もいるでしょう。

引越しの準備で必要な物と言っても早めに買っておいた方がいいものもあれば、引越しが終わってからゆっくり買っても間に合うものと様々です。

ここでは急ぎの引越し一人暮らしをする人のために最低限必要なものが何にかをご紹介しています。

引越し一人暮らしですぐに必要な物
・現金
ガスの開栓時の預かり金やその日の食費など現金は必ず必要です。
近くにコンビニがあれば問題ありませんが、引越し先で困らないためとりあえず現金は持っておきましょう。

・携帯
急な連絡や何があるか分かりませんので、いつでも連絡が取れるよう携帯は充電して持ち歩きましょう。

・冷蔵庫
急な引越し一人暮らしの場合、引越した当日から自炊する人はそう多くはないでしょう。
引越しでバタバタしているためコンビニやレトルト食品、外食などでパッと済ませるということが多いようです。
冷凍食品や飲み物、デザート類など冷蔵庫があれば食べ物をまとめて保管しておくことができます。
自炊する人もそうでない人も冷蔵庫は絶対に必要なもののひとつと言えるでしょう。

・電子レンジ
こちらも自炊する人、そうでない人にとって必要なものです。
食べ物を温めるだけでなく、電子ケトルや電子ポット、やかんがなくてもお湯を沸かすことができます。
また炊飯器がなくてもお米を炊くことも可能です。
電子レンジは様々な使い道があるので、温めのみの単機能電子レンジでもいいので持っておくと便利です。

・タオルやバスタオル
お風呂や掃除、手や汗を拭いたりタオルはその日から使います。
またお布団を新たに買わなくてはいけないという場合でも、大きいバスタオルがあればとりあえず数日はしのぐことができます。

引越しの準備が間に合わない、引越しにはお金がかかるため一度に全部は準備できないということもあるでしょう。
そんな時は無理して慌てて揃えなくても、最低限必要なものだけ先に購入しておき、後は新生活に慣れてきてからゆっくりと買っても遅くはありません。
慌てて買ったものの、後から一切使わなくなったというものも出る可能性があります。
実際に生活してみないとどれが自分に必要が、どれが不要かが分かりにくいでしょう。
そのためちょっと足りないくらいから初めて少しずつ買い足して、生活を充実させていくとよいでしょう。